【激変】お風呂リフォームのサイズ「狭い→ゆとり」へサイズアップ!条件と注意点

お風呂リフォームでサイズアップできる条件と注意点 お風呂リフォームの知識

お風呂リフォームでサイズアップしたい場合の条件や注意点を紹介します!

狭いお風呂だとどうしても窮屈に感じるので、できるだけゆとりのあるお風呂にしたいですよね。

どのようにしてお風呂のサイズアップをすればいいのでしょうか。

お風呂リフォームでサイズアップできる条件と注意点

お風呂リフォームでサイズアップできる条件と注意点を紹介します。

お風呂リフォームでサイズアップできる条件と注意点

お風呂は浴槽の大きさがどうしてもネックになって、サイズアップしにくい印象がありますよね。

そのため、サイズアップのためのお風呂リフォームの施工規模は大きく、お風呂スペースによっては施工不可能なものもあります。

例えば、浴槽周りの間取りにも気を配らなくてはいけません。

浴槽の隣の部屋(洗面所など)を少しだけ削って、その代わりお風呂場を広くすると考えてください。

他にも、出窓を設置して出っ張っている部分で広く見せるような工夫も、お風呂のサイズアップでは重要です。

マンションや賃貸でこのようなサイズアップを行う場合、管理会社が開示している間取り情報を一新しなくてはいけませんよね。

そのため、マンションや賃貸では間取りに関するお風呂リフォームは禁止されていることが多く、サイズアップが困難です。

そのため、お風呂をサイズアップするリフォームは、原則として持ち家で行われることになります。

そのような場合は、購入する予定のユニットバスを選りすぐりするしかありません。

外寸がそこまでなくても内寸が広いタイプのユニットバスを購入して、間接的にお風呂のサイズアップをしてください。

お風呂のサイズアップリフォームのおおよその費用ですが、壁そのものではなく出窓を作るだけならそこまで金額は大きくありません。

おおよそ20万円程度でしょうか。

しかし、壁をずらしたい場合は壁の取り壊し等も行われ、手のかかる施工になるため、おおよそ150万円必要になります。

お風呂リフォームサイズ、ゆとり・大きいメリット・デメリット

お風呂リフォームでサイズにゆとりを持たせる場合のメリット・デメリットを紹介します。

お風呂リフォームサイズ、ゆとり・大きいメリット・デメリット

お風呂リフォームでサイズにゆとりを持たせるメリットは、「開放感」でしょうか。

ゆったりできるスペースにゆとりがあることになるので、窮屈な思いをすることがなく、開放的にゆったりとした入浴を楽しむことができます。

スペースにゆとりがあると複数でお風呂に入れますので、まだ小さな子供が複数いる場合は、お風呂場にゆとりがあったほうがいいでしょう。

お風呂リフォームでサイズにゆとりを持たせる場合のデメリットは、「お風呂が寒くなること」です。

狭いと浴室全体の温まりが早いですが、ゆとりがある場合は熱気が籠るのを待たなくてはいけないですよね。

お風呂を入れて時間が経った場合、寒くなりやすいです。

他にも、お風呂にゆとりを持たせると掃除が大変になったり、そもそものお風呂リフォームの値段が大きくなる可能性も考えられます。

お風呂にゆとりを持たせるのも一長一短ですので、よく考えてお風呂リフォームしてください。

お風呂リフォームサイズ、狭い・小さいメリット・デメリット

お風呂リフォームサイズが狭い場合のメリット・デメリットを紹介します。

お風呂リフォームサイズ、狭い・小さいメリット・デメリット

お風呂リフォームサイズが狭い場合のメリットは「お風呂場全体が寒くなりにくいこと」です。

お風呂が狭い場合、熱気の籠りが早いため、お風呂場が狭い場合、広い場合と比べて温かくなりやすいです。

お湯に浸かりすぎてのぼせてお湯から出た後、寒い思いをする心配はないでしょう。

お風呂場が寒いと心筋梗塞の原因になりますので、お年寄りの方がいる家庭なら、お風呂は狭いほうがいいかもしれません。

お風呂リフォームサイズが狭い場合のデメリットは、「全体的に窮屈」なことです。

お風呂場が狭い場合、体を洗いにくいと感じるかもしれませんし、浴槽そのものが狭い場合、足を伸ばせなかったりと、色々と不便に感じることはあります。

また、お風呂が広い場合は面積の掃除が面倒ですが、狭い場合は自分の身体を動かしにくく感じるので、広い場合とまた違った掃除のしにくさがあります。

お風呂リフォーム、ユニットバスサイズの種類と違い

お風呂リフォームのユニットバスサイズの種類と違いを紹介します。

お風呂リフォーム、ユニットバスサイズの種類と違い

マンションによく使われるユニットバスサイズの種類は「1418サイズ(0.75坪)」と呼ばれるユニットバスサイズです。

1418サイズは坪数が小さいため、そこまで大きなユニットバスサイズとは思われません。

1418サイズの場合、お風呂は「140cm×180cm」の広さですので、横長(縦長)設計です。

子供が複数入っても特に問題はないでしょうが、大人と子供のペアで入ると、やや窮屈なユニットバスサイズになります。

とはいえ、大人が一人で入る分には全く問題はないユニットバスサイズので、一人暮らしの場合は1418サイズを採用するといいでしょう。

戸建住宅によく使われるユニットバスサイズの種類は「1616サイズ(1.0坪)」です。

1616サイズは1坪程度の大きさなので、極端に広いわけではありませんが、それなりに開放感ある広さを保ってくれます。

広さは「160cm×160cm」で、正方形と思って構いません。

一人暮らしで採用するにはやや広いユニットバスサイズかもしれませんが、家族がいて、親子でお風呂に入る場合はおすすめできるユニットバスサイズです。

戸建住宅でお風呂を広く設計したい場合は、1624サイズ、1618サイズ(共に1.5坪)などがあります。

このユニットバスサイズになるとひとりで入浴するには勿体なく感じるでしょう。

お風呂場は広いほうがいいとこだわりを持っている人には文句なしでおすすめできるユニットバスサイズです。

お風呂リフォーム、浴槽サイズと形の種類と入り心地、使い勝手の違い

お風呂リフォームでは浴槽サイズと形の種類、入り心地、使い勝手等も考慮しなければいけません。

おすすめの浴槽サイズはどのタイプなのでしょうか。

お風呂リフォーム、浴槽サイズと形の種類と入り心地、使い勝手の違い

まず、浴槽サイズそのものについて紹介しますが、浴槽サイズはユニットバスサイズと比例します。

ユニットバスが狭いのに浴槽サイズが大きい場合、どうしても浴槽まわりが狭くなってしまいますよね。

そのため、お風呂リフォームする予定のユニットバスサイズを参考に、浴槽と浴槽まわりのバランスが取れたサイズを選ぶ必要があります。

そのため、浴槽サイズを選びなおしたい場合、もしかしたらユニットバスから選びなおさなくてはいけなくなる可能性があります。

形の種類にも種類があって、特におすすめなのは「ラウンド浴槽」と呼ばれるタイプと「クレイドル浴槽」と呼ばれるタイプです。

浴槽サイズはユニットバスサイズで決められますが、どちらも入り心地がいい実践力溢れるユニットバスです。

ラウンド浴槽はユニットバスで最もよく使われるタイプで、底の1部が段状になっているのが特徴です。

この段部分に足を乗せて横になったり、座ったりして利用します。

クレイドル浴槽はヘッドレス部分(浴槽に首を置く部分)が柔らかく、少し高めに設計されているのがポイントです。

そのおかげで、ゆったりした姿勢で全身をお湯に浸からせることができるので、お風呂としての機能面ではトップクラスと言われています。